Monday, June 19, 2017

ビートルズの影響ではじまった若者の顔ヒゲ

再掲「学生の顔ヒゲの変遷、100年分」

University Graduate Facial Hair Styles 1898-2008 [OC] : dataisbeautiful

このグラフは北米の学生における顔ヒゲの割合を示したもの。先日の記事では、ヒゲの流行の背景に経済的要因があるのではないかとしたが、むしろビートルズの影響が大きいのではないか。

次の図で見ると、ビートルズのメンバーがそろってヒゲを生やしたのは1967年から。


The Beatles: A Decade in Facial Hair vs. Fashion - Ünnecessary Ümlaut

また、こちらのブログ記事「ビートルズの髭のなぞ」によれば、メンバーがヒゲを生やしはじめたのは1966年の秋からで、ポール・マッカトニーが自損事故で唇を縫ったあとを隠すために伸ばし、ジョージ・ハリスンはインドを訪れるさいにシタールの師であるラヴィ・シャンカールの勧めでヒゲをたくわえ、これらに他のメンバーがならって全員がヒゲを伸ばしはじめた。
そして、66年11月に発表された宣伝用写真でヒゲをはやしたビートルズが初めて公開され、翌67年に発売されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』でヒゲ面の写真がジャケットを飾った。この1967年は、上のグラフで学生の顔ヒゲが増えはじめた年と一致している。


The Beatles – Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band [Tracklist + Album Artwork] | Genius

データはあげられないが、若者のファッションに与えたビートルズの影響はこれ以前からはじまっていたはずで、マッシュルームカットが知られると若者のあいだでこの髪型を真似るものが現れ、さらにメンバーがそれぞれ勝手に髪を伸ばしはじめると、若者も長髪化するといった流れがあり、それに続いたヒゲの流行もビートルズにならったものに違いない。ミリタリールックの流行もビートルズがきっかけだったはずで、当時の若者ファッションへの彼らの影響は、音楽ファン以外にも追随者が広がったという意味では音楽の影響より大きかったのではないか。

Friday, May 26, 2017

学生の顔ヒゲの変遷、100年分


University Graduate Facial Hair Styles 1898-2008 [OC] : dataisbeautiful

ネットで公開されている大学の卒業アルバムをもとに、学生の顔ヒゲの有無と形を調べ、その割合をグラフにしたもの。
グラフの作成者によれば、材料を得た先は、パデュー大学(アメリカ)、マギル大学、ダルハウジー大学、セント・メアリーズ大学(以上、カナダ)の4校で、集計は手作業で行い、ヒゲの形状の分類は恣意的という(overview for Mystic_Toaster)。サンプルには(おおいに)偏りがあるが、北米(さらに先進諸国)の若者の動向をおおまかには捕らえているのではないか。

グラフのうち広い部分を占める青色が「ヒゲ無し」の割合。
「ヒゲ有り」の割合がピークに達した1973年は、世界的な高度経済成長が第1次石油ショックで頓挫した年で、その後の「ヒゲ有り」の退潮も経済成長の鈍化と並行している。このことから、ヒゲの消長と経済情勢の因果関係を仮定できる。経済データを当たってみようか。